ユベラとは

  • 女性のからだ事典
  • おしゃれにスマートライフ
  • 女性のからだとビタミンE
  • おすすめユベラ情報

ちょっと気になる不快な症状
はたらく女性の妊娠・出産
知っておきたい更年期のこと
女性特有の病気

ちょっと気になる不快な症状|胃腸のトラブル

飲んだら、サクロン

胃痛

こんなこと気になりませんか?

  • 空腹時に痛みを感じたり、食後に鈍痛を感じたりする
  • のみすぎた後に不快感が続く
  • ストレスが増えると痛みが増す

どんな症状・病気?

ひどいときは胃潰瘍の恐れが・・・

胃痛は、胃酸過多や胃粘液の分泌低下によって胃粘膜が炎症を起こしたり、胃の筋肉が痙攣(けいれん)したりして起こります。一般に、前者は「胃炎」、後者は「胃痙攣(けいれん)」と呼ばれます。胃炎による痛みは、「シクシク」「キリキリ」としたものが多く、胃痙攣(けいれん)によるものは、差し込むような強い痛みを伴います。胃痛の原因の多くを占めるのは胃炎ですが、この胃炎は、症状が進むと胃潰瘍(かいよう)になったりすることもあるので要注意です。なお、胃炎の場合は、特に空腹時に胃痛を感じることが多いようです。

その原因として考えられるのは?

原因1 胃酸の出すぎ

多くの場合は、出すぎた胃酸による、胃粘膜の炎症が原因で、その状態が続くと胃壁まで傷つけて胃潰瘍になる恐れもあります。胃酸過多になる要因としては、不規則な生活や食べすぎなどがありますが、最も多いのは「精神的なストレス」でしょう。仕事や人間関係の悩みを抱えて胃が痛むというのは、よくあることです。

原因2 胃粘液分泌の低下

胃の粘膜は、普段は胃粘液によって覆われることで、強力な胃酸などの刺激から守られています。ところが、ストレスや暴飲暴食、加齢などで胃のはたらきが弱まって粘液の分泌が減ったりすると、胃粘膜が胃酸にやられて炎症を起こすのです。

原因3 いろいろな刺激

胃痛の原因は胃酸などの分泌が過多になり、胃に対する刺激が強くなることで起きます。
例えばアルコール、タバコ、ストレスなども胃にとっては刺激となります。

その対処法

対処法1 食材に気をつける

胃痛の原因の多くは胃酸過多によるものなので、胃を刺激して胃酸の分泌を高める食べ物はなるべく避けるようにしましょう。コショウ、わさびなどの香辛料や、紅茶、コーヒーなどの「カフェイン」を多く含むものなどがその例です。反対に、胃に負担をかけない食材としては、卵、牛乳、豆腐などの大豆製品があります。卵は半熟にするとなおいいでしょう。また、牛乳は胃酸の酸性度を抑えるうえ、胃に膜を作るはたらきがありますので、胃痛のときにはホットミルクなどを飲むのも良いでしょう。

対処法2 調理法を工夫する

胃が痛むときには、なるべく胃に負担をかけないよう、調理法も工夫してみましょう。野菜などをとるときは生のままより、煮る、ゆでる、といった調理法の方が胃への負担が少なくてすみます。また、胃に負担をかけるため、油で揚げるといった調理法は避けた方が無難です。

対処法3 胃薬をためしてみる

胃に痛みを感じる場合、胃自体にキズがあることが考えられます。このような場合には、胃の表面のキズを修復したり、出すぎた胃酸の分泌をコントロールする制酸剤の服用をおすすめします。

対処法4 気分転換をする

精神的ストレスによる胃痛の場合は、その原因を解決しないとなかなか症状は改善しませんが、ハーブの香りのお風呂にゆっくりつかって気分を落ち着けるなど、心身ともにリラックスできるものを試してみましょう。絵画や音楽などを鑑賞して気分転換をはかるのも効果的です。

こんなときは病院へ

痛みがどうしてもおさまらない場合は、胃潰瘍や他の病気も疑われるので、一度病院で検査してもらいましょう。

受診外来 <内科><胃腸科><神経科>




エーザイ株式会社 Copyright(C)2002 Eisai Co.,Ltd. All rights reserved.